バスのドライバーになりたい?実は多い仕事の種類を知っておこう!


バスのドライバーには色々な候補がある

ドライバーの求人にはバスの運転をするものがたくさんあります。バスというと路線バスのドライバーをイメージする人もいるかもしれませんが、実は求人を見てみると仕事の種類はかなり多岐にわたっています。どのような種類があるのかを確認しておきましょう。

バスのドライバーの種類を知ろう

前述のように多くの人がイメージするバスのドライバーの仕事として路線バスの運転があります。路線バスは規定の路線を時刻通りに走らせるのが仕事で、交代制で運行する仕組みになっているのが特徴です。毎日同じ路線を担当するのが基本になっているので慣れると楽というメリットがあります。ただ、時刻通りに運行しなければならないというプレッシャーがあり、多くの人が乗り降りするので接客スキルも求められるのが一般的です。

高速バスのドライバーも需要が高く、バス会社がよく募集しています。数時間にわたって高速道路を走らせて運行するのが基本で、体力的な要求がやや多いでしょう。特に夜行バスのドライバーは夜中から早朝まで走らせなければならないので負担が大きくなりがちです。しかし、その分だけ手当も大きいので収入重視の人から人気があります。

ツアーバスやチャーターバスのドライバーも良く募集されています。企画されたツアーのスケジュール通りに運行するのがツアーバス、顧客の求めに応じてドライブするのがチャーターバスです。旅行目的での長距離の運転になりますが、観光地などに行くこともできるので観光好きの人に向いている仕事でしょう。

ドライバーの求人には、トラックドライバーだけでなく、タクシードライバー、宅配ドライバー、送迎ドライバー、役員運転手、回送など様々なものがあります。