フォークリフト構内作業オペレーターとは?


仕事内容と必要な資格

フォークリフトを使用する構内作業オペレーターの特徴は、大きな荷物の運搬や移動が主な業務です。人力では運べない重い荷物や貨物の運搬作業を行います。そしてフォークリフトの操作は荷物や貨物の重さが1トン以上の場合は、フォークリフト運転技能講習の受講が義務化されています。また1トン未満の場合は、フォークリフト運転特別教育やフォークリフト運転技能講習の受講が必要です。さらに1トン以上も1トン未満も、講習を修了して終了証を取得することが条件になります。この仕事の求人を探す前にフォークリフト構内作業オペレーターに、自分が向いているか向いていないかを考慮する必要があります。向いている人の特徴は作業を集中して行える人や、機械の操作が好きな人などです。

作業のメリットと発生しやすい問題

フォークリフト構内作業オペレーターのメリットは、まず体力面が心配な人でも安心して働くことが可能なことです。その理由は主な作業が座ったままで行えるからです。またある程度歳をとっている場合でも体にかかる負担が少ないので、レバーの操作さえしっかりとできれば働くことが可能です。そして作業未経験者でもフォークリフトの免許を取得していれば就職や転職に即戦力として役に立ちます。さらに自身のスキル向上が望める理由は、安全な運搬のために臨機応変な対応が日常的になるためです。ただフォークリフト構内作業オペレーターは丁寧で素早い作業を、集中力を持続しながら行うことを求められます。作業時間が押してしまうような状態が発生するのは慎重に作業を行うためです。

フォークリフトの求人では、フォークリフトの免許が必要のように思われがちですが、無免許でも応募できる場合があり、その時は免許を無料でとらせてもらえる場合もあります。